生活が苦しくてキャッシングを利用した夏目(仮名)さんの体験談

最近ニュースで生活が苦しくて、生活保護を受けている人や不正受給を行った人などが話題になりました。だいたいは家族持ちや高齢の方のようですが、現実には若い世代で生活に困ることもあります。私は20代男性で、地元の工場で正社員をしています。給料はかなり少なく、最近は景気も悪く、今まであった残業などもほとんどなくなったため、お手当も減り、日々の生活がやっとという状態です。彼女も高校時代から付き合っているのですが、あまりに生活力がないため、経済的に不安なために結婚にも踏み切れずにいます。先日、初めてキャッシングをしました。それは私の体調が悪く仕事を2週間休むことになってしまい、その月の給料にも響きました。そうなると生活費が足らず、あまりに生活が苦しくてキャッシングをしたのです。借入先は銀行で、50万円キャッシングをしました。初めてのキャッシングで審査のことや手続きのことなどかなり不安な点があったのですが、キャッシングできたおかげで、極貧生活を乗り切ることができました。