ブラックでもキャッシングの新規契約が出来ます

たび重なる返済遅延や自己破産を行うと、情報機関にブラックとして登録されます。
一度そのように登録されると、最低でも5年間はキャッシングの新規契約が出来なくなります。
特に自己破産をすると複数の情報機関に信用情報が登録され、信用力がないものとして認識されます。
ほとんどの消費者金融やカードローン会社では新たに契約をすることは無いのですが、ほんの少数ですが裁判所から免責を受けた後で有ればキャッシング契約を結んでくれる金融会社も有ります。
ただし一般的な金融会社より審査は厳しいですし、金利も法定金利上限の金利でないとお金を借りる事が出来ません。
しかし緊急の時にお金を借りる方法があるのとないのとでは安心感が違いますし、信用情報的にブラックであるのにキャッシング契約をしてくれるだけでも有難い存在です。
先ずは今現在の収入状況や勤務実績等の内容でキャッシング契約を結べるかどうかを、金融業者に電話で確認をとることで必要な書類が揃っているかが分かります。